会社

娘と一緒にお風呂に入っていた時の出来事です。

「パパ、私は有名で大きな会社の社長になりたい。」

私が頭を洗っていると娘が話しかけてきました。

私の娘は現在10歳です。一部上場企業の会社の社長になる事はとても難しい事位はそろそろ教えていかないといけません。

「大企業の会社の社長になるのは凄く難しいんよ。でも安心して俺には未来が見えるから。

12年後、あなたが大学を卒業して有名な会社じゃないかもしれないけど楽しく仕事して周りを幸せにしている姿が見える。」

娘が別に大きな会社に入らなくても仕事を頑張って楽しく働けていたら私は満足です。

「いやいや、私は有名で大きな会社の社長になりたいんよ!」

強く否定してきました、ただ娘がそこを目指すなら当然応援します。

「いいと思うよ、それなら勉強も仕事も頑張らんとな」

「でもやっぱり社長じゃなくて部長にしよう」

心変わりの速きこと風の如しです。

ただ何故部長なのでしょうか?素直に疑問をぶつけてみました。

「なんで部長なん?」

「部長だったら仕事の事を色々考えなくていいから」

ザ・あまちゃんです。間違えました、ジ・AMATYANですね。

「甘い甘い、部長も同じくらい仕事の事を考えんとなれんわ」

「そうかー」

娘が少し落ち込みだしました。まだ10歳の娘にはここで現実をはっきりみせるよりかは希望を持たせて頑張らせた方がいいかもしれません。

「でも何で大きな会社がいいの?給料がいいから?」

話しを変えてみました。

「大きな会社の方がイケメンがいっぱいおるやんか」

ジ・AMATYANですね。

「そんな会社ないわ、今の会社は俺が一番男前位や。」

「じゃあ、パパの会社でアンケート取るよ」

我が家はアンケート好きです。

「どんなアンケート?」

娘は一体どんなアンケートを取るのでしょうか?少し興味が湧いてきました。

「パパは会社で一番男前ですか?選択肢は2つよ、いいえ、絶対無理です」

絶対無理です?よくわかりませんが会社の人に言っておこうと思います。

エレベータを降りて品の悪そうな小学生がいたら無視するように。

話しがよく分からなくなってしまいましたが娘は父親が大好きなようです。

怒り

私が休みの日に用事がある時は妻から車を借ります。

妻を職場まで送り仕事終わりに迎えに行きます。

妻を車に乗せている時は必ずと言っていい程妻から怒られます。

以前、車を発進しようとすると妻が大声で叫びました。

「2速になっとるがな!」

私はビックリして急ブレーキを踏みました。

妻の声量から判断すると最近の車は2速(シフトレバーのS表示)になっていると車が爆発する仕様になったようです。

またある時は車に乗せると普段はすぐスマホを操作しだす妻が周囲を不満げな顔をして見回していました。

不満をぶつける弱者を探しているのでしょうか?

その事を妻に告げると妻は怒鳴りました。

「雨の次の日は空気が澄んどるなって思って見てただけよ!」

その会話を交わしている私と妻の間の空気はとても淀んでいました。

まだまだあります。

妻を仕事終わりに乗せると周囲は既に薄暗く車のライトを点けないといけない時間帯でした。

「ライト点けてよ」

「あれ、点けてなかった?」

電灯やお店が多い通りだった為ライトを点ける事を忘れていました。

「車のパネルにライト点いているか表示されるからちゃんと見てよ。」

「ガン見しとるよ」

「見とらんがな」

この時は妻はまだ怒っていませんでした。

「運命の女性と出会った位見とるよ」

「見とらんが、パネルに表示されるから」

まだ怒っていません。

「そうやな、相手を見すぎると逆に目に入らない事もあるからな。お互い見つめあうことではなく、共に同じ方向を見つめることが大事よな」

「見とらんが!」

妻は怒鳴りました、何故こんなに怒るんでしょうか?

どこか体調が悪いのかと思い昨日お腹を触診してみましたが太っている事しかわかりませんでした。

近くにいい医者がいれば誰か紹介して欲しいと思っている今日この頃です。

最近ショックを受けた妻との出来事を書こうと思います。

先日休みの日の夜10時頃の話です。いつものように娘を寝かしつけようと寝室に入りました。

娘は10分程前に「先に行くよ、パパ早く来てね」と言って先に寝室に入っていました。寝室に入ると娘は既に眠っていました、横になってすぐ眠ってしまったようです。

私もそのまま自分の布団に入ろうとしましたが、その日はとても寒かったため脱衣所に干してある靴下を取りに行きました。

物干しハンガーの奥の方に靴下を干していたため手に取ろうとしてハンガーに近づいた所、手前に干してあった妻のかなり大きめのパンツが私の頬に軽く触れました。

私は大きな蛾が顔に当たったくらいの勢いで妻のパンツを激しく手で払い靴下をとりました。

洗面所でしっかり顔を洗った後、最後に頬を念入りに洗い布団に入りました。

休みの日だったため昼間に2時間ほど昼寝をしていましたが、何故かその日はすぐに眠くなり意識がなくなりました。

多分昼寝を妻の布団でした時に悪夢を見てしまった疲れが出てしまったのでしょう。

私は夢を見ました、タイプの女性がいきなり声をかけてきました。

「好きです」

私は無言でその女性の手をとりました。

お互いに目を見つめキスをしようとした所、目が覚めました。

目を覚ますと目の前に布団を手に持った妻が立っていました。

「何で起こすんよ、女の子とデート中やったんよ!」

私は大声で怒鳴りました。

「布団を掛けようとしただけよ!それに妻にそんな事言う奴がおるか!」

妻は怒鳴り返し布団を私に投げつけ自分の布団に入っていきました。

どうやら私は毛布だけ被って寝てしまっていたようです。

次から妻にいい所を邪魔されない様に布団を体に巻き付けて寝ようと思います。