「family」カテゴリーアーカイブ

歯磨き

大体私と娘は7時ごろ妻に起こしてもらいます。娘は集団登校で学校に行くため近所の子供達と一緒に家から近くのマツモトキヨシに集まります。

遅くとも家を7時35分にでます、起きてから出発までたったの35分です。

私も同じ時間位に家をでるので朝はいつもバタバタしています。

ある朝娘がいつものように朝食を終え歯磨きをしているといきなり叫びました。

「お母さん長いよ!」

私は居間で歯磨きをしていたため何事かと思い、娘が歯磨きをしている洗面所まで足を運びました。

洗面所では妻と娘が一緒に歯磨きをしていました。

妻に目を向けると口から歯磨きの汁が垂れ50センチ位の長さになっており洗面所のシンクにくっついていました。

人を最も不快にする歯磨きの汁の長さです。

妻はついに口元も緩くなってしまったのでしょうか?

私は逃げるように居間に戻りました。

数分居間で歯磨きを続けていると娘は準備を終えたらしく家から出ていき妻と2人きりになってしまいました。

私は歯磨きを終えるべく洗面所に向かうと妻は鏡を見ながら髪をといています。

歯磨き事件がなかったようなすました顔をしていたためイラついた私は妻に言い放ちました。

「さっき不快なものを見てしまったわ。」

妻はその言葉に反応せず髪をといています。

聞こえなかったのかと思いながら歯ブラシを置き洗面所を後にしようとした瞬間私の首に妻の手のひらが叩きつけられました。

強烈な喉輪です、首がしまり息ができません。

「うわー」

私は叫び声をあげ妻の手を外しその場にしゃがみ込みました。

過呼吸になりそうな状態で妻を下から見上げました、素人が出せる技ではありません。

妻は私を見下ろし言い放ちました。

「あんたのせいよ」

何が私のせい?ちょっと何言っているかわかりません。

歯磨きの汁も私のせいにする妻の心意気に乾杯。

評価

いきなりですがはっきり言わせて頂きます、私は男前です。

ジャニーズと同じ位とはさすがに私も言えませんがいい顔をしていると思います。

朝起きて出勤前に顔を洗い鏡を見ているとついつい「カッコいい」と呟いてしまいます。

毎朝私がそう呟くたびに隣の部屋から「気持ち悪い」と幻聴が聞こえますがもう慣れてしまいました。

そんな私ですがふと他者からの評価が気になり、ある晩娘に私の評価を聞いてみる事にしました。

「パパはカッコいいと思う?」

「うーん、10段階で言うと4かな。」

思ったよりかなり評価が低く私は満足できません。

「いーや、3よ。」

隣の部屋から幻聴が聞こえますが気にしないでおきます。

「お母さんの顔の評価が4やったらわかるけど、パパはもっと上やろ。」

「私から見たら同類よ。」

娘の評価は変わりません、流石に腹が立ってきました。

「じゃああんたは何点なん。」

「私は10点よ!」

娘は何故かわかりませんが自分の評価は100点満点でつけたようです。

自分の見た目の評価が低い娘と話していても埒があきません。

寝室で横になり服の後ろがめくれて背中を丸出しにしながら携帯を触っている妻に確認しにいきました。

「俺の顔は何点?」

「あんたは3点よ!」

妻は3点満点で私を評価してくれたようです。

10点満点中2点の妻に初めて感謝した夜でした。

宿題

今年はコロナの影響で学校がしばらく休みになっていたため娘の小学校の夏休みが8月1日からになりました。

夏休みの期間は普段より短くなりましたが宿題は普段と変わらず膨大にあります。

私の子供の頃は夏休みの宿題は全くせず最後の2日間で全部終わらせていました、懐かしい思い出です。

私が仕事から帰ると居間で娘が夏休みの宿題をしていました。宿題を見ていた妻と娘がうんうんと唸っています。

問題を見てみると「夏休みの思い出を5・7・5・7・7を意識して書いてみよう。」と書いてありました。

これは小学4年生にしてみると難易度が高いと思われます。

「パパ、何か考えてや。」

可愛い娘からお願いされたのと吟遊詩人を目指していた血が騒いだため考える事にしました。

「夏休みやからスイカとかいいんじゃない?」

食前のお菓子を食べながら妻が横から口を出してきました、詩における才能が皆無の妻にしては良い提案です。

私は言葉の選択を何度も変え10分程考え込みました。

「思いついた。」

「どんなの?」

「これで行こう『夏休みスイカをかじり種飛ばし 3日たちてもまだ残りけり』どうかな?」

最高の一首ができました。

「よく考えて、小学4年生よ。4年生の中でも更にこの子よ。けりなんか使うか!」

妻から否定の言葉がとんできました。

「分かったじゃあ種飛ばしから下は変更するわ。」

更に10分程の時間を費やし私は考えました。

「できた『夏休みスイカをかじり種飛ばし 甘き香りに蟻が群がる』どうかな?」

「あほか、前の漢字テストでこの子25点やったんよ!」

妻の言葉は正しいかもしれませんが横にいる娘を傷つけていないでしょうか、娘に目線を向けると鼻くそをほじっていました。何ら問題ないようです、妻との話を続けます。

「じゃあどんなん作ればいい?」

「蟻がきて可愛いなとかでいいんよ。」

「何なんそれは、アホの44歳の女性が作ったとしか思えん。」

「うるさい!」

結局いつもの妻と私のケンカになってしまいました。

「パパ、蟻がきて可愛いなにする。」

娘は妻の案を選んだようです。娘が書き出した文字を見ていると夏休みが夏体みになっていました。

蟻がきて可愛いながしっくりきますね、妻の見立てもたまには当たるようです。

クルーズ

今年はコロナの影響で夏なのにほとんど出かけていません。

先日妻から岡山の牛窓という地域でほんの1時間程ですが遊覧船で瀬戸内のクルーズができるので家族で行かないかと誘われました。

牛窓は我が家から車で40分程度の所にあり、日本のエーゲ海と自称している地域です。

多分どこにも許可は取らずに名乗っていると思われます。

妻も一緒に行くという事に少し躊躇いを覚えましたがせめて夏に1つは思い出を作りたいと思い渋々行く事にしました。

クルーズが16時からあり、どうやら先着順でしか乗れないらしく2時間前に出発しました。

家を出るまえは晴れていましたが車に乗り込むと、いきなり空に雲がかかり雨が降り出しました。

牛窓に向けて車を走らせました、雨ですが少しでも雰囲気を明るくしたいと思い私は歌を口ずさむ事にしました。

「パプリーカ・・・」

「パパ癖が凄いよ。」

娘が好きなNHK2020応援ソング「パプリカ」をワンフレーズ歌っただけで娘からダメ出しが飛んできました。

私は歌が下手ですが納得できません。

「待て待て、ちょっと本気で歌うわ。パプリーカ・・」

「いやいや、酷いよ。」

娘の酷評が続きます、私ばかり非難されるのは納得ができません。

「俺が下手なのはわかった、じゃああんたが歌ってみてや。」

「わかった、じゃあ歌うよ。パフリーカ花がさいーたらー・・・・」

音程が全く合っていません、ドがつく下手さです。

「あんたも下手やな。」

「学校で歌のテストがあったんやけど私だけ合格できんかったんよ。最後の最後に先生が『今回だけ特別だからね。』って合格させてもらったんよ。」

そんな程度の女に歌を判断され腑に落ちない状態でいる私に妻が声を掛けてきました。

「2人とも歌わんで。気分が悪くなってきた。」

妻は私と娘の歌を貶してきましたが、妻の歌をあまり聴いた事はありません。

「わかった、もう歌わんけど最後にあんたも歌ってみてや。」

「えー嫌よ。」

「いいから一回だけでいいから。」

妻はかなり嫌がっていましたが渋々歌いだしました。

「パフリーカ花がさいーたらー・・・・」

「やめろーーーー!」

あまりの下手さに我を忘れ怒鳴ってしまいました。

私が音痴で音痴が妻で娘が歌に嫌われているようです。

家族3人で傷つけあった1日でした、いい夏の思い出ができました。

ちなみにクルーズは雨で中止になりました。

帰りの車内

ある休みの日に車で出かける用事があり妻から車を借りました。夕方になり妻を迎えに行き、その後で娘を学童保育に迎えに行きました。いつも通り妻は私の後ろに座り娘は私の横に座ります。

最近車の中では流している音楽に飽きてきたため今ではラジオを流しています。

妻と娘をのせた帰りの車の中で特に会話もなかったためラジオを聴いていると、ラジオパーソナリティの女性がゲストの俳優と対談をしているようです。

ラジオパーソナリティの女性の声は若干高く優し気でとても私のタイプでした。

「この女性と付き合いたいな。」

心の声が自然と漏れてしまいました。

「なれるわけないやん、ラジオよ。」

娘のツッコミは正しいですが、心ではそれを受け入れたくありません。

「そうかもしれん、でももし何かの拍子で出会う事があったら恋が芽生えるかもしれんよ。」

「でも結婚して子供もいる40近い男には女は寄り付かんのよ。若い男しか見てないんよ。」

小学4年生はやはりまだまだ子供のようです。

「それは違う、そういう男がいいって言う女もおるんよ。」

「頭がこんがらがってきた。」

娘は混乱しています、もう一押ししておきたい所です。

「結婚しているからとか年齢が何歳だからとかじゃないんよ。優しくて、明るくて、上品だったらモテるんよ。あんたも小4やけど彼氏おらんやろ、年齢じゃないんよ。あんたの机も汚いやん、綺麗にしたらモテるよ。」

せっかくいい機会なので娘の机が汚い事を注意した所、娘は私を見つめ力強く言いました。

「私は彼氏がいないんじゃないんよ、男達に私がいないんよ。机が汚いんじゃない、私が美しすぎるんよ。」

それを最初から後ろで黙って聞いていた妻はそこで初めて言葉を発しました。

「一言一言がアホやな。」

妻のツッコミのレベルは上がってきたようです。

空と雲

私は外出するとまず初めに空を眺めます。今日の空の色、雲の形を確認します。

この癖がついたのは5年ほど前に娘と散歩した時に言われた一言に端を発しています。

当時の娘は5歳です、娘は歩きながら空を見て言いました。

「今日の空はいつもより青いね、雲の形は綿あめみたい。」

何気ない言葉ですが私の胸に響きました、響いた点は2点ありました。

1点目はいつからそうなったかわかりませんが、歩くときに空を見なくなっていた事です。

出勤する時や休みの日に外出する際も私は空を見ていませんでした、目には入っているのですが見ていませんでした。子供の時はたくさん空を見て思いを馳せていたはずです、これからはもっと空を見て自分の心を綺麗にしていこうと心に誓いました。

2点目は雲を見て他の物を想像しなくなっていた事です。

今は雲を見ると雲だとしか思いません、子供の頃は雲を見てたくさん色々な物を想像していたはずです。

大人になるにつれ柔軟な発想や物の見方ができなくなります、今の自分は家族や会社の仲間に対して画一的な見方になっていないだろうか?そうなっていたら人に対して失礼ではないだろうか?

私は散歩中に自問自答し続け、帰ってから妻に報告しました。

「娘がさっき雲の形は綿あめみたいって言ったんよ。その時俺は反省した。会社の仲間や部下をこういう人間だって決めつけて見ていた。これからは皆をもっと大きく受け止めていきたい。」

私が必死で悩んだ出した結論を聞いて妻が言いました。

「ちょっと何言ってるかわからんし、気持ち悪い。」

まあ妻の返事はこんなもんでしょう、こういった出来事があり5年前から空をよく見るようになりました。

最近も娘と散歩中に空を見上げると雲が一つもなく青く青く澄み渡っていました。

「今日の空はとても綺麗だね。」

娘はその言葉を聞き眉をひそめて言いました。

「引くわー、今カッコつけたやろ。」

これからはお金が落ちていないか地面を見ながら歩いていこうと思います。

一日の流れ

私が日勤の日は家を8時前に出ます、娘が学校の日は娘が7時30分頃に出るため私より先に家を出ます。

現在コロナの影響で学校が休みになっているため娘はいつも私を見送ってくれます。

私は家を出る前に娘を抱きしめ「行ってきます。」と告げます。

その後娘は私にこう言います。

「行ってこい、そして強くなって帰ってこい。」

娘は私が毎日武者修行の旅に行っているとでも思っているんでしょうか?

娘の言葉はさて置いて私は仕事に向かいます。

仕事が早く終わる日は18時30分には家に着きます。

家に帰ると妻は居間に体育座りでコーヒーを飲んでいます、お帰りの言葉もなくネットサーフィンをしています。

「家に帰ったら『お帰り』位ないん?昔はもっと愛情を持って接してくれたやろ。」

私の言葉を聞き瞬時に妻は言葉を返します。

「そっくりそのまま返すわ。」

最近の妻のお気に入りのフレーズです。

夫を敬わない妻を教育しようと思い私は最近本で見た名言を伝えました。

「いいか、お前が悪いと指さした手のうちの3本の指は自分を向いて・・・」

「そっくり、そのまま返すわ!」

このように毎日必ず一悶着おきます。

その後、家族で食事をし娘と風呂に入り娘と一緒に寝室に入ります。

娘からその日起きた出来事を聞きながら一緒に寝ます。

「今日ね、お母さんと買い物に行った時につまずいてこけたんよ。」

オチも何もない話ですが娘の話なので耳を傾けます。

「1日5回もこけたんよ。」

「何でそんなにこけるん?」

「私は前だけ見て歩いてるんよ、こけたらまた立ち上がればいいんよ。」

娘の名言風な意味ない話を聞きながら私は眠りにつきます。

最近の一日の流れは大体こんな感じです。

幸せな毎日です・・・と思いこむのに必死な毎日です。

ほっこり

私はコールセンターに勤めているため土日の仕事も多くあります。妻は主に日曜日が休みです。

その日の日曜日は日勤だったので早めに家路につく事ができました。18時頃に家についたため妻と娘をビックリさせようと思い鍵を音が鳴らないように静かに開けてこっそり家の中に入ろうとしました。

鍵をゆっくり回しましたが少しだけカチッと音が鳴りました。

少しだけ音がしてしまった為、ばれないように1分ほど時間をおきドアノブを静かに開け家の中をのぞきました。

すると何という事でしょう、そこには妻の顔がありました。

物音に気付き玄関口に無言で無表情で立っていました、玄関から顔をのぞかせた私から20cm程の至近距離に妻の顔です。

「うわー!」

私は逆に驚かされ叫び声を上げました。

「あんた、何に驚いとんよ?」

気持ちを落ち着け冷静に周囲を見渡すと妻は私から1m位離れていました。

妻は顔が大きいため距離を測り間違えてしました、妻の1mの距離は体感では20cmです。

妻とは結婚して10年たちますが、妻の顔の大きさにはいまだに慣れる事ができません。

「いやいや、何でもない。」

両方の意味で、でかい顔をするなと言いたかった言葉を飲み込みました。

私は気持ちを落ち着け荷物を置き居間に入りました。

それから家族で一緒に夕食を食べ娘と一緒にお風呂に入りました。

お風呂の中で娘は同級生の話をしてきました。

「私のクラスに漢字女王がいるんよ。凄いんよ、いっつも漢字テスト100点でわからん問題が出てたら泣いてたんよ。」

確かにそれは凄い事ですが私の娘も負けていません。

「いやいや、あんたの方が凄いよ。実家の風呂で『押すなよ、押すなよ。』をする小学生いる?」

実家に帰った時に実家の風呂が広いため娘は浴槽のはしに両手両足を使ってつかまりダチョウ倶楽部のモノマネをしていました、当然私は大爆笑です。

「漢字ができて頭が良くても周りを幸せにするか?笑いは周りを幸せにするんよ、だから素晴らしい。あんたはその能力を磨こうや。」

娘はその言葉を聞いて言いました。

「良い事いうな、パパを生んで良かったよ。」

「あんたの股から生まれた記憶はありませんよ。」

私のツッコミを聞いて娘はニッコリ笑っていいました。

「パパの子供で良かったよ。」

珍しくほっこりした一日でした。

品性

私は常に品性を意識して生きています。人間を人間たらしめるもの、それは品性に他なりません。意識しておかないといくらでも下品になります。

何も考えないで生きていると易きに流れるのは人間の性です。

私は考え方だけではなく普段の生活態度、発言、歩いたり座ったりする姿勢にいたるまで常に品性を意識しています。

そんな私の品性とは違って妻は食べたらすぐ寝転びます。

私がそれを指摘すると妻は若干お怒りになる為、私は見ないふりをしています。

今ではせめて娘だけにでも人間として品性が大切である事が伝わればいいと思っています。

妻は普段の生活が波に乗れていないせいか食事をした後、寝転びながらネットサーフィンをするのが日課です。

食事をした後は少しゆっくりしてお風呂に入ります、私の仕事が早く終わって家にいる日は私がお風呂のお湯を入れに行きます。

一番風呂はその日の気分で妻が先に入るか私と娘が先に入るかが決まります。

その日も私がお風呂にお湯を入れた後どちらが先に入るか特に決めていませんでしたが読みたい本があったため妻に先にお風呂に入ってもらうようお願いしました。

寝転びながらネットサーフィンをしている妻は娘に言いました。

「お母さんを起こしてや。」

妻は自力で起き上がるのも大変なようです。体重が度を越えていますので自明の理です、そうなる前に気づかなかったのでしょうか?

妻は携帯を側に置き寝転んだまま仰向けの姿勢になり両手を上空に差し出しました。

娘はその言葉を聞き寝転んでいる妻の手をとり両足を広げ妻の体をまたぎました。

娘は妻の手を取ったまま引き上げずに妻の体のお腹の部分まで前に進みました。

明らかに前に進みすぎではないかと私が思っていた所で娘が言いました。

「お母さん、そのまま起きたら私の股間にズドンよ。」

そう言いながら妻の両手を全力で引っ張り上げます。

「いやー、やめてー。」

妻は叫びましたが娘は構わず妻の両手を引っ張り上げます。

「ワッハッハ、ワッハッハ。」

股間にズドンの妻を見ながら娘の品性が全く感じられない下品な笑い声が部屋中に響き渡りました。

人間を人間たらしめるもの、それは股間にズドン・・・、いやいや品性です。

もう手遅れかもしれませんが頑張って娘に伝えていきたいと思います。

スーパーマン

私はコールセンターでSV業務をしています。

オペレータの質問に答えたり研修を実施したり忙しい時には受付をしたりと業務内容は多岐にわたります。

他にもオペレータの相談にのったり悩んでいる時には飲みに連れて行ったりと受付に直接関係ない事も行ったりします。

そんな私を見てあるオペレータが私に言ってくれました。

「スーパーマンみたいですね。」

最高の褒め言葉です。これは誰かに自慢したいところですが自慢したら嫌われるとこの前見た本で読みました。

こうなるといつもの通り我が家の常に怒鳴り散らして怒りと脂肪を蓄えている妻に自慢しようと思います。

先に家にたどり着いた私は今か今かと妻の帰りを待っていました。

しばらく待っていると妻が学童保育に行っていた娘を車に乗せて帰ってきました。

「パパ、ただいま!」

娘が玄関の扉を開けるなり大きな声でただいまを言ってきました。

私は満面の笑みで娘を迎えました。

妻はスーパーで買い物をしてきたようで、娘の後ろから大きな袋2つを両手に抱え無言で家に入ってきました。

「はー。」

家に入ってくるなりため息を一回つきスーパーの袋を台所に投げ捨てるように置きました。

そしてインスタントコーヒーを作り居間のいつも座っている所定の場所に移動しました。

コーヒーを飲みながら片手にスマホを持ち無表情で眺めています。

帰りの車で人でも轢いたのでしょうか?

そんな妻に私は話しかけました。

「聞いてほしい事があるんよ。」

「何?」

不機嫌な空気が伝わってきます。

「俺、会社の人にスーパーマンみたいですねって言われたんよ。凄いやろ。」

「嘘をつくな、そんな事を言うやつが何処におるんな。」

私の会社の46歳の派遣社員の女性です。

「本当に言われたんよ、信じてや!!」

私は必死で懇願しました。

そんな私を見て娘がそばに来て軽く私の袖を引っ張って言いました。

「普段あなたが嘘ばっかりつくから信じてもらえないんよ。」

確かに普段私は8割は嘘をついています。

「わかった認める、バレンタインデーにもらったチョコを全部本命って言ったのは嘘よ。全部義理チョコよ。流れ作業みたいなもんよ。ベルトコンベアーよ。ただスーパーマンって言われたのは本当なんよ、信じてくれ。」

その言葉を聞いて妻は言いました。

「分かった、認める。」

私の誠心誠意の言葉が届いたようです。

「ただし、もし言ったとしてあんたをちょっと褒めたらワッハッハってとてつもなく喜ぶから調子にのらせようと思って言っただけよ。」

「う、うるさい!」

会社の人に褒められましたが妻と娘に罵倒され気持ちが沈んでしまった一日でした。