ボケ

私の娘は家でよくボケます。ボケてボケてボケまくります。

ある日、仕事が終わって家に帰りドアを開けると娘が妻に土下座していました。

手は「八の字」の形で地面につけられ頭は床から1cmの高さで固定されていました。

理想的な美しい土下座です。

「ごめんなさい、ごめんなさい、許してください。靴の裏でも何でも舐めます!」

娘が声を張り上げて謝っていましたが思わずツッコんでしまいました。

「せめて靴の表にしようや・・」

またある日、娘がガムを噛んでいました。

「パパ知ってる?」

「何が?」

「ガムは油分に弱いんよ。例えばガムを噛んでいる時に油分の含んだ食べ物を食べると溶けるんよ。唐揚げとか、他にもアイスを油分を含んでいるからガムを食べながらアイスを食べても溶けるんよ」

娘はよく本を読んだり、知識系のTV番組をよく見るので結構物知りです。

「凄いね、知らなかった」

私は純粋に娘の知識に驚きました。

「この前私がガム噛んでいる時に不意に自分の指をくわえてみたら、ちょっと溶けたんよ。油分の含み具合にイラっとした」

ちゃんとオチをつけるあたりがやっぱり私の娘です。

そんなボケまくる娘が学校でどういった生活を送っているのかふと気になって聞いてみました。

「あんた学校でもそんなにボケるん?」

「ううん、私は学校でツッコミ役」

娘は何でそんな当たり前の事を聞くんだというような顔で答えました。

「何で?学校ではボケんの?」

家では5分毎ボケる娘が何故ボケないのか?もしかしていじめられている?いじめられていないにしても学校では伸び伸びできていない?

少し不安になって聞いてみました。

すると娘は口元の片側を少し曲げ不敵な笑みを浮かべて答えました。

「小学生は私のボケのレベルについてこれんからな」

「同級生には変顔で充分よ、顔だけで爆笑とれる」

さすが私の娘です。

「気持ちわかるわ。パパも会社で爆笑とってるけど笑いのレベルが高すぎてついてこれん奴おるからな」

娘と私は同じレベルの感覚を共有しているようです。これぞ「一流は一流を知る」という事でしょう。

私が感慨深く感じていると、いつものように黙って温いコーヒーを飲んでいる妻から言葉がとんできました。

「私でもあんた達の会話についていけれんよ。あんたらと会話してたら、ただ疲れるんよ!」

妻を会話だけで疲れさせることができる男・・・うん、カッコいい!

これからも自分を貫いて生きていこうと決めた日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。