Wカップ

サッカーW杯を娘と一緒に見ていた日の出来事です。

私は普段サッカーが特段好きでもないためTVで中継があっても見る事はありません。ただしW杯の日本戦はたまに見る事があります。

その日仕事から帰ってTVをつけた所、ベルギーと日本の戦いの真っ最中です。ミーハーな私は燃えてきました。大きな声で応援しました。

「にっぽん、にっぽん」

突然の私のテンションに娘はびっくりして聞いてきました。

「パパ、どうしたの」

私は答えました。

「負けられない戦いがそこにあるんよ。」

娘の心に響くかっこいい言葉を伝えました。その言葉を聞いて娘がいいました。

「パパ、それも大事やけどパパは町中の女の子から嫌われとんよ。」

その日応援しながら飲んでいた缶ビールがいつもより少し苦く感じました。

日本が負けてしまったからですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。