キャッチボール

ある土曜日の朝の出来事です。

7時前に目が覚めると娘が私の枕元に座っていました。

娘はスイカ位の大きさのビーチボールを持っていました。

目を爛爛と輝かせて私を見ています、嫌な予感しかしません。

「パパ、キャッチボールしよう!」

私は寝起きです、嫌な予感が当たりました。

「あ、あの私起きたばかりなんですけど・・。」

「パパ、キャッチボールしよう!」

全く引きません、これは運動不足で小太りの同居人に任せるしかありません。

「お母さんと遊んだら?」

「だってお母さんTV見てて遊んでくれんもん。」

こうなったら次の手段です。話題を変えて娘の気をそらしてみようと思いました。

娘は白いランニングを着ていました、話題を変えるチャンスです。

「何か今日の服装は裸の大将みたいやな。」

娘はそれを聞いて間髪入れずに言いました。

「ぼ、ぼ、僕は、キャ、キャ、キャッチボールがしたいんだな!」

あまりの返しのうまさに、その日私は娘とキャッチボールをしてから会社に行きました。

今日も我が家は平和です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。