「daughter」カテゴリーアーカイブ

怒髪天

先日の土曜日に有給休暇がかなり余っていたため午後半日有給を取得しました。

13時に仕事が終わり家に帰ると妻も娘も出かけていて留守でした。

娘は友達と遊びに、妻は川に洗濯にでも行ったのでしょう。

大きな桃を持って帰ってこない事を願うばかりです。

妻と娘がいない事に深く安堵し私は一人の時間を楽しむべくスマホゲームで遊んでいました。

私は一人の時間を十分満喫していました。17時を少し過ぎた頃、外からワッハッハと下品な笑い声が聞こえてきました。

どうやら娘が友達と一緒に帰ってきたようです。

私はまだ仕事着のワイシャツの格好のままでした。娘が帰ってくるのであれば着替えておこうと思って立ち上がりました。

すると部屋の明かりに気づいたのか外から娘の声が聞こえました。

「あれっ?あいつ早いな。」

その声が聞こえた瞬間私は部屋の中で叫びました。

「誰があいつなんや!」

父親に向かってあいつと言わせるような子供に育てた覚えはありません。

ワイシャツを引きちぎるように脱ぎ捨て急いで着替えました。

怒りのあまり手が震えて着替えにも少し時間がかかりました。

玄関に行き靴を履こうとしましたが手が震えて靴ひもも中々結べません。

私は今まで娘に手をあげた事はありませんでしたが今日初めて娘に手をあげてしまうかもしれません。

靴ひもがほどけたまま私は怒りにまかせ扉を勢いよく開けました。

「あいつ早いよ、捕まえて。」

「やったー、7匹目。」

外では娘が友達と一緒にトンボを追いかけていました。

心温まる風景に耐えられなくなりバレない様にそっと室内に戻ろうとしたところ娘が私に気づき近づいて声をかけてきました。

「あれ、パパ帰ってたの?今日トンボいっぱい捕まえたよ。」

キラキラした目で私を見つめてきます。

「す、すごいね。よ、よかったね。」

適当に声をかけた後に娘をおいたまま急いで室内に戻り鍵をかけ念のためアーム式の内鍵もかけました。

恥ずかしさのあまり顔が真っ赤になっていたのがバレていない事を願うばかりです。

歴史は繰り返す

私が好きな名言の1つに「歴史は繰り返す。」という言葉があります。

ローマの歴史家クルチュウス・ルーフスの言葉です。

過去に起こったことは、同じようにして、その後の時代にも繰り返し起こる。という意味です。

自分に置き換えてみても何度も同じ失敗を繰り返し、その都度反省してもまた同じ事を繰り返してしまいます。

人間の本質を突いた深い言葉です。

最近その言葉を思い知らされる事件が起きました。

我が家では9月も半ばを過ぎましたが夏の暑い日がまだまだ続いているためまだ扇風機を使用しています。

私が仕事を休んで家でのんびりしていると玄関からガンガン、ガンガンとドアノブを何度も何度も引っ張る音が聞こえました。

鍵がかかっている事に気づいたのでしょうか次はチャイムを鳴らす音が何度も何度も繰り返されます。

恐怖を感じながら私は鍵を開けてそっとドアを開くとそこには汗だくで髪が額に張り付き不満そうな顔をした娘が立っていました。

娘には私が不在の場合に備えて家の鍵を渡していますがまだ使い方がわかっていないようです。

娘は家に入り靴下を脱ぎ床に叩きつけるように投げ捨てランドセルを居間に放り投げました、まるで品がありません。

妻に似ています。

「パパ、アイス食べていい?」

私の返事を待たずに娘は冷蔵庫からアイスを取り出しかぶりつきました。

何故食べていいか質問したのか不思議に思っていると娘は扇風機のスイッチを入れ扇風機の羽から3センチ位離れた所まで顔を近づけました。

その後の娘の言葉に私は驚愕しました。

「ワレワレハウチュウジンダ(我々は宇宙人だ。)」

歴史は繰り返されます。

ちなみに別の日ですが娘と一緒にカフェに行った時に

「パパ、このお店シャレオツやな。」

と言っていました。

名言集

小学4年生になる娘が最近、ますます私に似てきました。娘と最近会った出来事をまとめました。

事例①

車の運転中に赤信号につかまりました。青になるまで少し時間があったため隣に座っている娘の顔を見つめていました。娘はこちらを一切見ず前方を見つめ私に言いました。

「パパ、ちゃんと前を見てよ。人生と一緒よ。」

事例②

娘を学童保育に迎えに行き近くのスーパーに寄っていこうとしたところ障害物や段差等、何もない道で娘がつまずいてこけました。

「私こけたのはこれで今日5回目よ。」

「何でそんなにこけるん?」

1日5回もこけるのは少し異常です、私は心配になって質問しましたが娘は強くはっきりと答えました。

「私は前だけ見て歩いているんよ。」

いつもの調子で名言風に言ってきました。

「でも時には足元見ないと危ないよ。」

私が注意した所、娘は私の目をみつめ力強い口調で言いました。

「こけたらまた立ち上がればいいんよ!」

事例③

私がお風呂に入っていると娘が後から入ってきました。当然湯船に入る前に前と後ろをお湯で流します。お湯で流す前に娘のお尻を見てみると白いものが目に入りました。

よくよく見るとティッシュが挟まっていました。

「うわ、汚い。」

私は叫びました。

娘は私の言葉を意に介さずお尻を洗い「手ごたえあり。」と呟き湯船に入ってきました。

「ちゃんと洗った?」

「大丈夫。」

娘はお尻にティッシュが挟まっていたことを大して気にしていない様子です。

「これからは気を付けてね、俺はあんたの今後の人生が心配よ。」

私の言葉を聞き娘は湯船から立ち上がり右手を右斜め上に高く掲げ左手をピンと真横に伸ばし叫びました。

「心配ないさーーーー。」

お尻にティッシュを挟んだライオンキングの今後が心配です。

以上、最近の娘の名言集でした。

私の娘

私の娘は小学4年生でもうすぐ10歳になります。

小学校にあがる前まではよく私に顔が似ていると言われることが多くありました。

友人に娘の写真を見せると「笑顔が可愛い。」、「目元がいいね。」等とたくさん褒められていました。

ところが成長するにつれ妻にそっくりと言われるようになってきました。

私から見ても娘の外見は妻よりになってきました。

最近も近所のおじいちゃんから「お母さんとそっくりやね。」と言われたらしく落ち込んでいました。

そんな娘でも仲がいい男子がいるらしく「私の事が好きな男の子がいて、いい感じなんよ。私モテるから。」と言ってきました。

娘の顔でモテると聞いて不思議に思いましたが、よく考えてみると確かにモテる要素は男女とも顔だけではありません。

素直で、優しくて、明るくて、上品で、お洒落な人はモテると思います。

娘もそういった部分で周囲に受け入れられてモテているんだと思い納得した日の夜の出来事です。

その日は妻が夕飯に牛丼を作ってくれました、娘も私も丼ものは大好きです。

妻の作ってくれる牛丼は味が濃くとても私の好みです、私が味わって食べていると妻が叫びました。

「かきこまない!」

叫び声を聞いて娘に目を向けると、分厚い唇をどんぶりにつけ箸でわしゃわしゃとご飯をかきこんでいます。

飢えきった痩せ犬でしょうか?いいえ少し太めの愛娘です。

「牛丼は飲み物よ。」

娘は妻の叫びを意に介さずかきこんでいます。

私が驚愕のまなざしを向けている間に娘は牛丼を食べ終えました。

顔にたくさんご飯粒をつけた娘はもう食べれんと呟き寝転びました、食べ過ぎて腹が膨らんでいます。

大股を開き寝転んでいる娘を見ていると疑問がわいてきたので質問を投げかけてみました。

「何でモテてると思ったん?」

娘は即答しました。

「顔とスタイルよ。」

素直で明るくて少し勘違いしやすい娘の未来は明るいと思います。

風船

娘は風船が好きです。よく風船を膨らまして私と風船を投げ合って遊びます。

そんな娘が妻と買い物に行った際に100円均一のSeriaでビーズ入りの風船を買ってきました。

膨らますと無数に入ったビーズが静電気で揺れてとても綺麗です。

娘はその風船で無邪気に遊んでいましたが私は嫌な予感しかしません。

私は未来が見えました、娘は絶対に割って片づけを手伝わされるです。

そんな私の気持ちも知らず娘は言いました。

「パパ、風船ポンポンしよう。」

6畳の座敷で娘と向かい合い、真ん中に紐でラインを引き下に落とした方が負けというシンプルなルールです。

20点先取した方が勝ちというルールを作り遊び始めました。

娘は何も考えず風船を思いきりバトミントンのスマッシュのように手でたたきつけます。

思いのほか頑丈で風船は割れません。

「パパ、まだまだやるよ。アハハ!」

割れてしまった後の掃除を考えずに娘はバカ笑いをしながら風船を思いきりたたきつけます。

30分程遊び20対13で私が勝ちました。

私は少し疲れてしまったので座敷で横になり娘は居間でゲームをするようお願いしました。

いつの間にか寝てしまい1時間ほどして目が覚めました。

娘が座敷に来て叫んでいました。

「パパ、風船割れてるよ。パパのせいよ!」

寝ている時に足の間に風船を挟んでしまって割ってしまったようです、足元には無数のビーズが散らばっていました。

「パパのせいよ、何とかして。」

夢の中で人を殺しただけなのに犯罪者になった気分です。

「わかった、片付けるからあんたも手伝って。」

娘と一緒に座敷のビーズを拾っていましたが数が多すぎて全然片づけが進みません。

「コロコロで片付けたら?」

娘が提案してきました、私は娘の提案にのり居間からコロコロを持ってきてもらいました。

コロコロを使うとあっという間に座敷に転がっているビーズが片付いていきます。

「これやったらすぐ片付くから向こうの部屋に行ってていいよ。」

「何で、私も手伝うよ。」

娘は不満そうです、私はそんな娘に本音を伝えました。

「もういい、あんたは都合のいい女よ。」

その言葉を聞き怒った娘は私につかみかかってきました。

娘を足払いで座敷の端にたたんでいる布団に投げ飛ばし私はコロコロをしました。

娘は布団から起き上がった瞬間私は再度足払いで布団に投げ飛ばしコロコロをします。

何度かそれを繰り返し、結局風船の片づけに貴重な休みの1時間をかけてしまいました。片付けが終わりましたが私の言葉に怒った娘はしばらく口をきいてくれませんでした。

Seriaさん、どうやらビーズの風船は片づけの時間と娘の仲をさいてしまう悪魔の風船のようです。

宿題

コロナの影響で娘の小学校は4月20日から5月20日まで休校になっていました。

ほぼ夏休みと同じくらいの期間です。妻も私も幸せな事にコロナで仕事がなくなる事がなかったため娘はほぼ学童保育で過ごしました。

休校中も当然学校から宿題が出されていたため学童保育でも宿題をする時間を設けてくれています。

妻から聞くところによると娘は宿題タイムの班長になったらしく宿題の時間に下級生に指示を出しているそうです。

学童には1年生から6年生までいますが4年生の娘がしっかりした役割を与えられ尚且つこなしている話を聞くと、さすが私の娘だなと嬉しくなりました。

そんな毎日を過ごしている娘の学校が5月21日にやっと再開できることが決まり、ひと安心していた5月19日の夜の出来事です。

娘と一緒にいつものようにお風呂に入った後、私は寝室の布団に寝転がり漫画を読んでいました。

最近かなり暑くなってきたので娘は寝巻のランニングに着替え私の横に座りました。

普段は寝る前は漫画を見たり、Switchでどうぶつの森をしたりしますが何もせず私をじっと見つめてきました。

「どうしたん、何かあったん?」

不思議に思い確認すると娘は一瞬ニヤリと笑い言いました。

「ぼ、ぼ、僕はしゅ、しゅ、宿題が半分しか終わってないんだな。」

衝撃、仰天、驚愕です。

「どうするん?」

「あ、あ、明日は、て、て、徹夜なんだな。パ、パ、パパに手伝ってもらうんだな。」

もう山下清をさせている場合ではありません。

「ちょっと待て、宿題する時間はいっぱいあったやろ?宿題タイムは何してたん?」

「ゴロゴロしたり、友達と話したり、先生の目を盗んで友達と一緒にトイレに行って話したり・・。」

宿題タイムの班長の活躍ぶりを聞いた私は次の日に仕事から帰った後宿題を手伝う事にしました。

徹夜の予定であった娘は20時後から宿題を開始し22時30分には机の上に突っ伏して眠ってしまいました。(宿題中に漫画を見始めたり、私に話しかけてきたり等の無駄な時間を省けば実質1時間)

何度揺り動かしても起きない娘を布団にそっと運びました。

宿題タイムの班長は明日起きる出来事を何も考えず豪快に大の字に寝ていました。

そんな娘を見ていると、さすが私の娘だなと思いちょっぴり寂しくもあり嬉しくもなった一日でした。

挨拶週間

娘の小学校では今、挨拶週間を実施しているそうです。

5年生、6年生が普段より早く学校に来て校門の前に並び学校に入る子供達の一人ひとりに挨拶をするそうです。

その時に元気よく挨拶を返してきた子に5年生、6年生が電車の切符サイズの小さいカードを渡します。

カードをどれだけたくさん貰えたかを競うために一番カードが多かったクラスが校長先生から表彰されるそうです。

妻に「おはよう」と挨拶をしても無視される私からすると素晴らしい行事だと思います。

その話を聞き娘も挨拶がしっかりできる子になってほしいと思っていた私はとても嬉しくなりました。

挨拶の持つ意味はとても大きく挨拶すると人間関係が良くなり、笑顔になれ、自分の気持ちもよくなり更に相手の承認欲求も満たせます。

「何枚カード貰えた?」

元気で可愛い私の娘ですから持ちきれなくなる位にカードをもらった事でしょう。

「1枚も貰ってないよ。」

娘はあっさり答えました。

さすがの私も娘が1枚もカードも貰ってない意味が全く意味がわかりません。

「え、何で?」

娘は胸をはって言いました。

「私はど真ん中を挨拶せずに歩くんよ。それが最高に気持ちいいんよ。」

私はその言葉に絶句して言葉がでませんでした。

「皆は挨拶してカードを貰えるように端っこを歩くんよ、真ん中を歩くのは私だけ。」

娘はとても気分良さげに話をしていました。

こうなってしまったのは誰のせいでしょうか?

もう誰かのせいにするのはやめておこうと思います、娘自身のせいです。

面白い話

先日家族でドライブしていた時の出来事です。

私の隣に乗っていた娘がいきなりクスクス笑いだしました。

何か思い出し笑いでもしたのかと思い私は聞いてみました。

「どうしたん、何かあったん?」

「バックミラーで後ろを見たらお母さんが凄い顔でボーっとしてた。」

流石の妻も娘のその言葉を聞いて怒りました。

「うるさいなー、あんたも不細工な顔してる時多いよ。」

娘はまだ見慣れていないと思いますが妻がボーっとしている時の8割は確かに凄い顔をしています。

結婚して10年たちやっと妻のボーっとしている時の顔に私も慣れてきました。

私はわかるよと娘に目で合図をして運転を続けました。

それから10分程たち娘はドライブに飽きてきたらしく私に話しかけました。

「パパ、何か面白い話をしてや。」

とんでもない無茶ぶりです。

「ないわ。」

「暇やもん、面白い話をしてや。」

「ないって。」

「面白い話やったら何でもいいから。」

「だからないって。」

何度も何度も私は娘の無茶ぶりを断りました。

「笑いの天才なのに面白い話を持ってないの?」

どうやら通常のお願いでは無理と感じたらしく、今度は私の心を揺さぶってきました。

笑いの天才を心の中で自称していた私としては、そう言われると引く事はできません。

「いいだろう。」

私の50以上ある持ちネタのとっておきの話を娘にぶつけました。

最初から少しずつ小笑いのポイントを入れ話を進めました。

娘の体が私の話で前のめりになってきました。

そして最後のオチの部分で私はテンション高く話しきり、娘の顔を見ました。

「ふっ。」

娘は私の話を鼻で笑い前方を見つめ無言になりました。

どうやら人は本当に大笑いした時は鼻で笑い無言になってしまうようです。

会社の友人と話す時も同じ現象が多々あるため、やはり私は笑いの天才だと認識ができた一日でした。

同じ失敗

私は普段土日仕事ですが、たまに土日の休みがあります。

先日土曜日の休みがあり朝8時ごろに起きてTVを見ながらくつろいでいると、しばらくして娘が起きてきました。

朝起きてすぐ娘は私に話しかけてきました。

「パパ、ティッシュ取って。」

娘は鼻炎もちで鼻水がよく出ます。

私は近くにあるティッシュボックスからティッシュを1枚とり娘に渡しました。

「はい。」

ティッシュを渡したところ、娘は怒りだしました。

「パパ、そこはボケる所よ。」

その言葉を聞き私は反省しました。

毎日毎日、娘に「こういう風にボケるんよ。」と教え込んできた私が普通にティッシュを渡してしまったのです。

「成長したな。」

「もういいから早く朝食食べて靴を洗いなさい。」

妻から声をかけられた娘は朝食を食べてお風呂場で靴を洗い出しました。

毎週土曜日は学校で使っている上履きを洗っているようです。

「凄い綺麗になった、これ新品でメルカリで売れるな。」

娘の下らない独り言がお風呂場から聞こえてきます。

靴を洗い始めて10分程時間が立った頃に娘が私に声をかけてきました。

「パパ、足拭くからタオル持ってきて。」

私は寝室に置いてあるタオルを手に取りお風呂場にタオルを持っていきました。

そのタオルを見て娘は少しあきれて言いました。

「また。」

私は同じ失敗を2度繰り返してしまいました。

娘の成長と自分の笑いに関しての至らなさを感じた一日でした。

その事を後日妻に伝えた所、妻は疲れた顔で言いました。

「今から着替えるから部屋に入ってこないでとか、疲れているからお風呂一人で入らせてとか言ったら全部『それ前振り?』って言われて話が前に進まんのよ。あの娘、何とかしてくれんかな。」

娘は順調に成長しているようです、多分。

下ネタ

娘は小学3年生になり9月で9歳になりました。

子供の成長は本当に早いです。

生まれた時から娘をよく携帯で動画でとっており、娘が4歳の時に動画をつなぎ合わせてDVDを作成しました。

最近そのDVDを久しぶりに見てみました。

娘が初めて歩いている所や包丁で野菜を切っている姿、シャボン玉で遊んでいる姿など全てがとても愛らしく映っていました。

そのDVDを作成してもう5年が立ち娘の9歳になった記念に5歳~9歳までのDVDを作成しようと思いパソコンに保存している動画を確認してみました。

5歳位からの動画は小さいころと比べて撮影した動画の数はそんなに多くはなかったので1つ1つ動画の確認をしてみました。

すると何という事でしょう。

動画の8割は下ネタです。

素っ裸で映っていたり、撮影中にいきなりお尻を出してきたり、アキラ100%のモノマネをしたりしていました。

これでは動画が作成できません、両親も祖父母も娘自身も見たくない事でしょう。

私は娘の品のなさに少し落ち込んでしまいました。

その日は休みだったため娘が学童保育から帰ってきた後、一緒にお風呂に入りました。

私が先にお風呂から出て寝室でクーラーをかけて一息ついていた所、娘が裸でびしょ濡れのまま寝室に入ってきました。

そして私の布団の上でウンコをする真似をしました。 昼間の動画の件もあり私は娘に怒りました。

「アホか、品がないよ。昔撮った動画を今日見てたけど全部下ネタやったよ。」

その言葉を聞いて娘は憤慨して言いました。

「パパに教育された結果がこれよ。」

「パパが下ネタするから私もやりたい、やりたいってなったんよ。」

娘の品のなさは私の教育の賜物だったようです。

明日から毎日滝に打たれて自分を見つめなおそうと思います。