モテモテ

娘はもう小学4年生になりますが私が仕事から早く帰った日はいつも一緒にお風呂に入っています。

一緒にお風呂に入るだけでなく頭を洗ってあげ、お風呂からでたら体も拭いてあげています。

その日もお風呂から出て娘の体を拭いていると何故か自然と笑いがこみ上げてきました。

「パパ、何で笑ってるん?」

声を出して笑ってはいませんでしたがニヤニヤしていたのがバレてしまったようです。

「いや別に」

娘の体型が面白くて笑っているとは流石にいえません。

「もしかしてむっくりずんぐり?」

ずんぐりむっくり体型の娘に質問されましたがその通りです。

「いや、まあ何というか」

私は必死で言葉を濁しました。

「でも私はこれでも学校でモテてるんよ」

これは聞き捨てなりません、勘違いも甚だしい。

「ちょっと待て、何を根拠にモテてると思っとん」

早めに勘違いを正して真っ当な道を娘に歩ませるのが父の務めです、私は鋭く突っ込んでいきました。

「だって男の子はチョロいよ。私は男の子によって態度を変えとるよ」

「大人しい子が好きな男の前だったら静かにしてるし、それに大体の男は高い声だしたらイチコロよ」

えーっと、その行動に関して言えば大正解です。

娘は今日もご飯をかきこんで腹を押さえ「もう食えん」と呟きながら寝転んでいました。

顔にはいつも通りたくさんのご飯粒がついていました。

今後の人生に幸あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。