怒髪天

先日の土曜日に有給休暇がかなり余っていたため午後半日有給を取得しました。

13時に仕事が終わり家に帰ると妻も娘も出かけていて留守でした。

娘は友達と遊びに、妻は川に洗濯にでも行ったのでしょう。

大きな桃を持って帰ってこない事を願うばかりです。

妻と娘がいない事に深く安堵し私は一人の時間を楽しむべくスマホゲームで遊んでいました。

私は一人の時間を十分満喫していました。17時を少し過ぎた頃、外からワッハッハと下品な笑い声が聞こえてきました。

どうやら娘が友達と一緒に帰ってきたようです。

私はまだ仕事着のワイシャツの格好のままでした。娘が帰ってくるのであれば着替えておこうと思って立ち上がりました。

すると部屋の明かりに気づいたのか外から娘の声が聞こえました。

「あれっ?あいつ早いな。」

その声が聞こえた瞬間私は部屋の中で叫びました。

「誰があいつなんや!」

父親に向かってあいつと言わせるような子供に育てた覚えはありません。

ワイシャツを引きちぎるように脱ぎ捨て急いで着替えました。

怒りのあまり手が震えて着替えにも少し時間がかかりました。

玄関に行き靴を履こうとしましたが手が震えて靴ひもも中々結べません。

私は今まで娘に手をあげた事はありませんでしたが今日初めて娘に手をあげてしまうかもしれません。

靴ひもがほどけたまま私は怒りにまかせ扉を勢いよく開けました。

「あいつ早いよ、捕まえて。」

「やったー、7匹目。」

外では娘が友達と一緒にトンボを追いかけていました。

心温まる風景に耐えられなくなりバレない様にそっと室内に戻ろうとしたところ娘が私に気づき近づいて声をかけてきました。

「あれ、パパ帰ってたの?今日トンボいっぱい捕まえたよ。」

キラキラした目で私を見つめてきます。

「す、すごいね。よ、よかったね。」

適当に声をかけた後に娘をおいたまま急いで室内に戻り鍵をかけ念のためアーム式の内鍵もかけました。

恥ずかしさのあまり顔が真っ赤になっていたのがバレていない事を願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。