歯磨き

大体私と娘は7時ごろ妻に起こしてもらいます。娘は集団登校で学校に行くため近所の子供達と一緒に家から近くのマツモトキヨシに集まります。

遅くとも家を7時35分にでます、起きてから出発までたったの35分です。

私も同じ時間位に家をでるので朝はいつもバタバタしています。

ある朝娘がいつものように朝食を終え歯磨きをしているといきなり叫びました。

「お母さん長いよ!」

私は居間で歯磨きをしていたため何事かと思い、娘が歯磨きをしている洗面所まで足を運びました。

洗面所では妻と娘が一緒に歯磨きをしていました。

妻に目を向けると口から歯磨きの汁が垂れ50センチ位の長さになっており洗面所のシンクにくっついていました。

人を最も不快にする歯磨きの汁の長さです。

妻はついに口元も緩くなってしまったのでしょうか?

私は逃げるように居間に戻りました。

数分居間で歯磨きを続けていると娘は準備を終えたらしく家から出ていき妻と2人きりになってしまいました。

私は歯磨きを終えるべく洗面所に向かうと妻は鏡を見ながら髪をといています。

歯磨き事件がなかったようなすました顔をしていたためイラついた私は妻に言い放ちました。

「さっき不快なものを見てしまったわ。」

妻はその言葉に反応せず髪をといています。

聞こえなかったのかと思いながら歯ブラシを置き洗面所を後にしようとした瞬間私の首に妻の手のひらが叩きつけられました。

強烈な喉輪です、首がしまり息ができません。

「うわー」

私は叫び声をあげ妻の手を外しその場にしゃがみ込みました。

過呼吸になりそうな状態で妻を下から見上げました、素人が出せる技ではありません。

妻は私を見下ろし言い放ちました。

「あんたのせいよ」

何が私のせい?ちょっと何言っているかわかりません。

歯磨きの汁も私のせいにする妻の心意気に乾杯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。