ほっこり

私はコールセンターに勤めているため土日の仕事も多くあります。妻は主に日曜日が休みです。

その日の日曜日は日勤だったので早めに家路につく事ができました。18時頃に家についたため妻と娘をビックリさせようと思い鍵を音が鳴らないように静かに開けてこっそり家の中に入ろうとしました。

鍵をゆっくり回しましたが少しだけカチッと音が鳴りました。

少しだけ音がしてしまった為、ばれないように1分ほど時間をおきドアノブを静かに開け家の中をのぞきました。

すると何という事でしょう、そこには妻の顔がありました。

物音に気付き玄関口に無言で無表情で立っていました、玄関から顔をのぞかせた私から20cm程の至近距離に妻の顔です。

「うわー!」

私は逆に驚かされ叫び声を上げました。

「あんた、何に驚いとんよ?」

気持ちを落ち着け冷静に周囲を見渡すと妻は私から1m位離れていました。

妻は顔が大きいため距離を測り間違えてしました、妻の1mの距離は体感では20cmです。

妻とは結婚して10年たちますが、妻の顔の大きさにはいまだに慣れる事ができません。

「いやいや、何でもない。」

両方の意味で、でかい顔をするなと言いたかった言葉を飲み込みました。

私は気持ちを落ち着け荷物を置き居間に入りました。

それから家族で一緒に夕食を食べ娘と一緒にお風呂に入りました。

お風呂の中で娘は同級生の話をしてきました。

「私のクラスに漢字女王がいるんよ。凄いんよ、いっつも漢字テスト100点でわからん問題が出てたら泣いてたんよ。」

確かにそれは凄い事ですが私の娘も負けていません。

「いやいや、あんたの方が凄いよ。実家の風呂で『押すなよ、押すなよ。』をする小学生いる?」

実家に帰った時に実家の風呂が広いため娘は浴槽のはしに両手両足を使ってつかまりダチョウ倶楽部のモノマネをしていました、当然私は大爆笑です。

「漢字ができて頭が良くても周りを幸せにするか?笑いは周りを幸せにするんよ、だから素晴らしい。あんたはその能力を磨こうや。」

娘はその言葉を聞いて言いました。

「良い事いうな、パパを生んで良かったよ。」

「あんたの股から生まれた記憶はありませんよ。」

私のツッコミを聞いて娘はニッコリ笑っていいました。

「パパの子供で良かったよ。」

珍しくほっこりした一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。