お気に入りのシャツ

私は岡山県に住んでいます。岡山はどちらかと言えば田舎ですが5年前にとても大きなイオンモールができ、そこにはたくさんの人が集まります。

その日私は仕事帰りに何気なくそのイオンに寄り、よく服を買うお店でクレリックの仕事用のワイシャツを購入しました。

服はじっくり選びかなり検討してから購入するタイプの私ですが、そのシャツは濃い青色をしており私のとても好きな色で一目惚れしてしまいすぐ購入しました。

あまりにも素敵だってので購入してすぐイオンのトイレでその服に着替えました。トイレの鏡で何度か確認しやはり買って良かったとしみじみ思いましと。

私は喜び勇んで家に帰り妻に自慢しました。

「この服今日買ったんだけどどう?」

「何か制服みたいであまりいけてないよ。ていうかガンダムのアムロみたい。」

まあ妻からの評価はこんなものでしょう。いちいち妻からの評価を気にしていたら生きていけません。 念のため娘にも評価を求めました。

「どうかな、この服。パパは気に入ってるんやけど。」

娘は私を見て言いました。

「パパ、帰る時に女の子からじろじろ見られんかった?」

「うん、あの人格好いいって見られたよ。服のおかげかな。」

その言葉を聞いて娘は言いました。

「違う違う、あの人ずっとじろじろ見とんやけどって」

娘の回答はもはやシャツは関係なくなっていました。 側で聞いていた妻はそっと呟きました。

「親子の会話じゃないな。」

何が原因か分かりませんが、購入して1ヶ月になりますが私は未だにそのシャツを着て会社に行く事ができないでいます。トラウマってこういう風にできていくんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。