雁字搦め

妻は癇癪持ちで無愛想ですが機嫌の良い日は私に話しかけてきます。

一番話しかけてくる回数が多い時間帯は仕事から帰って夕食の準備をする前、二番目は寝る前です。

その日も仕事から帰ってきた妻はお決まりのパターンの動きでインスタントコーヒーを作り、夕食前のお菓子を貪っていました。

「何か疲れとるんよ、まだ水曜日よ。」

妻がぼやきました、妻の勤務は月~金で土曜日が仕事の日もあります。

「仕事が忙しいんやろ?」

仕事が忙しい時期は休みまでの勤務が長く感じるのは良くある事です。

「そんなに忙しくはないんやけど、長く感じるんよ。もしかしたら無限ループしとるんかも。多分、無限ループしてる。」

妻の言葉を聞き私は瞬時に怒鳴りました。

「無限ループしとるんやったら、もっと上手く人生送れとるやろ。このありさまか!」

「いらん事いうな、黙っとれ!」

私の言葉で険悪な雰囲気になってしまいましたが言わずにはおれませんでした。

その後、夕食を食べ娘と一緒にお風呂に入り娘を寝かしつけました。

娘が寝付いた頃、寝室に妻が入ってきました。

我が家の寝室は睡眠の時間は常夜灯にするのが決まりです。

私は真っ暗にするのが好きなのですが妻と娘は常夜灯で眠る方が落ち着くようです。

妻と私の間に子供が挟まり川の字に布団をしいて寝ています。

妻は窓際の一番奥の布団に入り暗闇の中、ネットサーフィンをしていました。

私も携帯を触っていたため、しばらく無言の時間が続きました。

「何か面白い事あったらしゃべってや。」

いきなり私に話しかけてきた妻の顔に目を向けると携帯の明かりに照らされ頬肉がいつもより強調されて凄い顔になっていました。

「頬の肉凄いよ。」

「いらん事いうな、黙っとれ!」

食事前も寝る前も話しかけてきたのは妻からですが私が話をしたら怒られました。

私は家の中では雁字搦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。