80歳発想法

ある休日に私は考えていました。

私は今38歳です、38にもなると出来る事が限られてきます。

転職できる場所も限られてきますし、子供の関係もあるため自由に引っ越しもできません。

出来る事が20歳の頃と比べて少なくなった、制限されてきたなと思って少し落ち込んでいました。

その瞬間私の頭の中に閃きがおきました。

「そうだ今この瞬間私が80歳になったと思ってみよう。」

80歳になった私は体が思うように動きません。

膝も痛いし、あっちもこっちも痛いです。

体が痛いので出かけるのもおっくうになって友達もほとんどいなくなり、子供も忙しくあまり帰ってきません。

毎週病院に通いたくさんの薬をのんでいます。

考える事はお墓の事や健康の事、年金の事ばかりです。

頭の中には暗い事ばかり浮かんできます。

そんな私がいきなり38歳になりました。

何て自由が広がっているのでしょう!

いつでも友達と飲みに行けるし、ありったけの酒を飲む事ができます。

タバコも吸えますし、バリバリ仕事もできます。

歯もしっかりしているので好きなものも食べられます。

更に恋愛だってできます、そうです恋愛だってできるんです。

私はとても幸せな気分になってきました、38歳最高です。

生きていて良かった、人生って素晴らしい。

素晴らしい発見をした私はその日一日幸せな気分で過ごしました。

私はこれを簡単に幸せになれる発想法「80歳発想法」と名付けようと思います。

その日も妻が18時30分ごろにいつものように不機嫌そうな顔で帰ってきました。

妻にも幸せな気分を味わってほしいと思い本日発見した「80歳発想法」の説明をしました。

「今自分が80歳になったと思ってみて。次の瞬間自分の年齢に戻るんよ。凄くない?何でもできるんよ、素晴らしいやろ。」

妻はいいました。

「のんきやな、おかしい人と思われるから会社の人には言わんほうがいいよ。」

いつも通りの反応です、ここで引いていては妻を幸せな気分にする事ができません。

「ちょっと待て、まずはちょっと80歳発想法を実践してみたら。こっちはあなたの心の花壇に水を与えたいだけなんよ。」

妻は舌打ちをして叫びました。

「こっちはいらん肥料と水を与えられて根腐れしとんよ!」

妻は打たれ強い雑草だとはわかっていましたが、どうやら水も土もいらない植物、エアプランツだったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。