休日の会話

ある休日の出来事です。

その日は妻と休みが合ったため車でイオンに買い物に行く予定を立てました。

娘は家でゲームをしたいらしく外出を渋り家で留守番をする事になりました。

お昼ご飯を食べた後、車に乗り込み妻が助手席に座りました。

妻の重みで車が左側に異様に傾きましたが、その事には触れず平静を装い妻に話しかけました。

「久美(仮名)、今日は何を買う予定?」

「何呼び捨てにしよるんよ。」

普段私は妻をちゃん付けで呼んでいるため違和感を感じたようです。

「あんたは何を買うか聞いているんよ。」

「誰があんたなん!」

妻とは結婚して10年たちますが呼び捨てもあんたも妻の意にそぐわないようです。

「呼び捨てもあんたもダメやったら何て呼べばいいんよ、俺はがんじがらめか。」

「久美ちゃんよ。」

その言葉を聞き心に思っていた言葉が咄嗟に漏れ出てしまいました。

「ちゃん付けする面構えか!」

その言葉を言った瞬間、ほっぺたに強い衝撃を受けました、どうやら妻から強烈なびんたが飛んできたようです。

窓の外に血の滲んだ唾をはき、険悪な雰囲気が続いていましたがとりあえずイオンに向かって車を走らせました。

目的地に向かう途中、先ほどの事は何もなかったように妻は私に話しかけてきました。

「昨日、仕事が大変やったんよ。急ぎの仕事で終わらせんといけんのに誰も手伝わんし手伝いにきたかと思っても少ししたらすぐ自分の持ち場に戻るし。休み明けもしんどいと思うわ。」

そこで妻の話が終わり、1分程待ちましたが妻から続きの話がありません。どうやら今の話はそこまでで終わりのようです。

「え、オチは?」

「ないよ、それだけよ。」

当たり前のように妻は言いました。オチもなく話しかけてきた妻の勇気に乾杯です。

「オチがない話を何でしてきたん?今の話だけだったら20点よ。」

妻はその言葉を聞き小さく溜息をつき外を見つめ呟きました。

「休みの日位、ボケとかオチがない話がしたいんよ。」

その言葉を聞き嫌がる妻にM1グランプリに一緒に挑戦しようと持ち掛けていた自分が恥ずかしくなりました。

次は娘をM1に誘ってみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。