レイニー ブルー

妻は普段朝は6時ごろに起き、起きてすぐに洗濯機を回しコーヒーを飲みながら撮りためていたドラマを見ます。

7時前位に毎朝私は妻に起こしてもらい、それから私は洗濯物を干します。

その日私は休みの日でしたが普段通り7時に起こしてもらい洗濯物を洗濯機から取り出しながら妻に聞きました。

「今日は天気いい?」

「天気悪いわ、雨の音が聞こえんのか?」

どうやら妻は普段通り朝から機嫌が悪いようです。

私は全く雨音が聞こえなかったため、居間のカーテンを開け外を確認すると滝のような大雨が降っていました。

私はとても気分が落ち着くので雨の日はとても大好きです。

「本当だ雨だね、でも俺にとってはいい天気だね。」

私のその言葉を聞き、妻はぬるくなり冷たさしか感じさせないコーヒーを飲みながら呟きました。

「慣れんわー。」

私は妻が呟いた言葉の意味がよくわかりませんでした。

多分妻の実家で飼っている猫が妻には一切なつかない事を思い出したのでしょうか、妻が実家に帰ると猫はいつも歯をむき出しにして唸ります。

それから私は室内に洗濯物を干し、その日は用事があったため車を使う事になり妻を職場まで送る事になりました。

妻の職場に着くまでの間も雨が強く降りしきっていました。

職場に向かう妻の心を少しでも安らげてあげようと思い、私は運転中の車内の中で妻に伝えました。

「俺が雨が好きな理由はね、多分落ち着くからが一番の理由じゃなくて君と・・・」

「黙って前見て運転しろー。」

妻は私の言葉を遮り叫びました。

「慣れんわー。」

妻がまたしても同じ言葉を呟きました、これはもしかして実家の猫の事ではなく私の事を言っているのでしょうか。

「もしかして俺の事?」

「当り前じゃ。」

結婚してもう10年、付き合いだしてからで言うと20年です。

私も妻がボーっとしている時の顔はまだ慣れていませんが、妻も私の美しい言葉にまだ慣れていないようです。

「何でこれだけ一緒におるのに慣れんの?」

妻は私のその言葉を聞き噛みしめるように言いました。

「慣れたくない、感覚麻痺したくない。」

その言葉を聞き私は少し前に雑誌で見た血液型の相性診断を思い出しました。

「A型男性とB型女性は相性が悪いと言われているけど、お互いに歩み寄る気持ちさえ持てば2人の相性は抜群かも!」

どうやら妻は一切歩み寄る気持ちはない模様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。