雁字搦め

妻は癇癪持ちで無愛想ですが機嫌の良い日は私に話しかけてきます。

一番話しかけてくる回数が多い時間帯は仕事から帰って夕食の準備をする前、二番目は寝る前です。

その日も仕事から帰ってきた妻はお決まりのパターンの動きでインスタントコーヒーを作り、夕食前のお菓子を貪っていました。

「何か疲れとるんよ、まだ水曜日よ。」

妻がぼやきました、妻の勤務は月~金で土曜日が仕事の日もあります。

「仕事が忙しいんやろ?」

仕事が忙しい時期は休みまでの勤務が長く感じるのは良くある事です。

「そんなに忙しくはないんやけど、長く感じるんよ。もしかしたら無限ループしとるんかも。多分、無限ループしてる。」

妻の言葉を聞き私は瞬時に怒鳴りました。

「無限ループしとるんやったら、もっと上手く人生送れとるやろ。このありさまか!」

「いらん事いうな、黙っとれ!」

私の言葉で険悪な雰囲気になってしまいましたが言わずにはおれませんでした。

その後、夕食を食べ娘と一緒にお風呂に入り娘を寝かしつけました。

娘が寝付いた頃、寝室に妻が入ってきました。

我が家の寝室は睡眠の時間は常夜灯にするのが決まりです。

私は真っ暗にするのが好きなのですが妻と娘は常夜灯で眠る方が落ち着くようです。

妻と私の間に子供が挟まり川の字に布団をしいて寝ています。

妻は窓際の一番奥の布団に入り暗闇の中、ネットサーフィンをしていました。

私も携帯を触っていたため、しばらく無言の時間が続きました。

「何か面白い事あったらしゃべってや。」

いきなり私に話しかけてきた妻の顔に目を向けると携帯の明かりに照らされ頬肉がいつもより強調されて凄い顔になっていました。

「頬の肉凄いよ。」

「いらん事いうな、黙っとれ!」

食事前も寝る前も話しかけてきたのは妻からですが私が話をしたら怒られました。

私は家の中では雁字搦めです。

帰りの車内

ある休みの日に車で出かける用事があり妻から車を借りました。夕方になり妻を迎えに行き、その後で娘を学童保育に迎えに行きました。いつも通り妻は私の後ろに座り娘は私の横に座ります。

最近車の中では流している音楽に飽きてきたため今ではラジオを流しています。

妻と娘をのせた帰りの車の中で特に会話もなかったためラジオを聴いていると、ラジオパーソナリティの女性がゲストの俳優と対談をしているようです。

ラジオパーソナリティの女性の声は若干高く優し気でとても私のタイプでした。

「この女性と付き合いたいな。」

心の声が自然と漏れてしまいました。

「なれるわけないやん、ラジオよ。」

娘のツッコミは正しいですが、心ではそれを受け入れたくありません。

「そうかもしれん、でももし何かの拍子で出会う事があったら恋が芽生えるかもしれんよ。」

「でも結婚して子供もいる40近い男には女は寄り付かんのよ。若い男しか見てないんよ。」

小学4年生はやはりまだまだ子供のようです。

「それは違う、そういう男がいいって言う女もおるんよ。」

「頭がこんがらがってきた。」

娘は混乱しています、もう一押ししておきたい所です。

「結婚しているからとか年齢が何歳だからとかじゃないんよ。優しくて、明るくて、上品だったらモテるんよ。あんたも小4やけど彼氏おらんやろ、年齢じゃないんよ。あんたの机も汚いやん、綺麗にしたらモテるよ。」

せっかくいい機会なので娘の机が汚い事を注意した所、娘は私を見つめ力強く言いました。

「私は彼氏がいないんじゃないんよ、男達に私がいないんよ。机が汚いんじゃない、私が美しすぎるんよ。」

それを最初から後ろで黙って聞いていた妻はそこで初めて言葉を発しました。

「一言一言がアホやな。」

妻のツッコミのレベルは上がってきたようです。

休日の会話

ある休日の出来事です。

その日は妻と休みが合ったため車でイオンに買い物に行く予定を立てました。

娘は家でゲームをしたいらしく外出を渋り家で留守番をする事になりました。

お昼ご飯を食べた後、車に乗り込み妻が助手席に座りました。

妻の重みで車が左側に異様に傾きましたが、その事には触れず平静を装い妻に話しかけました。

「久美(仮名)、今日は何を買う予定?」

「何呼び捨てにしよるんよ。」

普段私は妻をちゃん付けで呼んでいるため違和感を感じたようです。

「あんたは何を買うか聞いているんよ。」

「誰があんたなん!」

妻とは結婚して10年たちますが呼び捨てもあんたも妻の意にそぐわないようです。

「呼び捨てもあんたもダメやったら何て呼べばいいんよ、俺はがんじがらめか。」

「久美ちゃんよ。」

その言葉を聞き心に思っていた言葉が咄嗟に漏れ出てしまいました。

「ちゃん付けする面構えか!」

その言葉を言った瞬間、ほっぺたに強い衝撃を受けました、どうやら妻から強烈なびんたが飛んできたようです。

窓の外に血の滲んだ唾をはき、険悪な雰囲気が続いていましたがとりあえずイオンに向かって車を走らせました。

目的地に向かう途中、先ほどの事は何もなかったように妻は私に話しかけてきました。

「昨日、仕事が大変やったんよ。急ぎの仕事で終わらせんといけんのに誰も手伝わんし手伝いにきたかと思っても少ししたらすぐ自分の持ち場に戻るし。休み明けもしんどいと思うわ。」

そこで妻の話が終わり、1分程待ちましたが妻から続きの話がありません。どうやら今の話はそこまでで終わりのようです。

「え、オチは?」

「ないよ、それだけよ。」

当たり前のように妻は言いました。オチもなく話しかけてきた妻の勇気に乾杯です。

「オチがない話を何でしてきたん?今の話だけだったら20点よ。」

妻はその言葉を聞き小さく溜息をつき外を見つめ呟きました。

「休みの日位、ボケとかオチがない話がしたいんよ。」

その言葉を聞き嫌がる妻にM1グランプリに一緒に挑戦しようと持ち掛けていた自分が恥ずかしくなりました。

次は娘をM1に誘ってみようかと思います。

私の娘

私の娘は小学4年生でもうすぐ10歳になります。

小学校にあがる前まではよく私に顔が似ていると言われることが多くありました。

友人に娘の写真を見せると「笑顔が可愛い。」、「目元がいいね。」等とたくさん褒められていました。

ところが成長するにつれ妻にそっくりと言われるようになってきました。

私から見ても娘の外見は妻よりになってきました。

最近も近所のおじいちゃんから「お母さんとそっくりやね。」と言われたらしく落ち込んでいました。

そんな娘でも仲がいい男子がいるらしく「私の事が好きな男の子がいて、いい感じなんよ。私モテるから。」と言ってきました。

娘の顔でモテると聞いて不思議に思いましたが、よく考えてみると確かにモテる要素は男女とも顔だけではありません。

素直で、優しくて、明るくて、上品で、お洒落な人はモテると思います。

娘もそういった部分で周囲に受け入れられてモテているんだと思い納得した日の夜の出来事です。

その日は妻が夕飯に牛丼を作ってくれました、娘も私も丼ものは大好きです。

妻の作ってくれる牛丼は味が濃くとても私の好みです、私が味わって食べていると妻が叫びました。

「かきこまない!」

叫び声を聞いて娘に目を向けると、分厚い唇をどんぶりにつけ箸でわしゃわしゃとご飯をかきこんでいます。

飢えきった痩せ犬でしょうか?いいえ少し太めの愛娘です。

「牛丼は飲み物よ。」

娘は妻の叫びを意に介さずかきこんでいます。

私が驚愕のまなざしを向けている間に娘は牛丼を食べ終えました。

顔にたくさんご飯粒をつけた娘はもう食べれんと呟き寝転びました、食べ過ぎて腹が膨らんでいます。

大股を開き寝転んでいる娘を見ていると疑問がわいてきたので質問を投げかけてみました。

「何でモテてると思ったん?」

娘は即答しました。

「顔とスタイルよ。」

素直で明るくて少し勘違いしやすい娘の未来は明るいと思います。

風船

娘は風船が好きです。よく風船を膨らまして私と風船を投げ合って遊びます。

そんな娘が妻と買い物に行った際に100円均一のSeriaでビーズ入りの風船を買ってきました。

膨らますと無数に入ったビーズが静電気で揺れてとても綺麗です。

娘はその風船で無邪気に遊んでいましたが私は嫌な予感しかしません。

私は未来が見えました、娘は絶対に割って片づけを手伝わされるです。

そんな私の気持ちも知らず娘は言いました。

「パパ、風船ポンポンしよう。」

6畳の座敷で娘と向かい合い、真ん中に紐でラインを引き下に落とした方が負けというシンプルなルールです。

20点先取した方が勝ちというルールを作り遊び始めました。

娘は何も考えず風船を思いきりバトミントンのスマッシュのように手でたたきつけます。

思いのほか頑丈で風船は割れません。

「パパ、まだまだやるよ。アハハ!」

割れてしまった後の掃除を考えずに娘はバカ笑いをしながら風船を思いきりたたきつけます。

30分程遊び20対13で私が勝ちました。

私は少し疲れてしまったので座敷で横になり娘は居間でゲームをするようお願いしました。

いつの間にか寝てしまい1時間ほどして目が覚めました。

娘が座敷に来て叫んでいました。

「パパ、風船割れてるよ。パパのせいよ!」

寝ている時に足の間に風船を挟んでしまって割ってしまったようです、足元には無数のビーズが散らばっていました。

「パパのせいよ、何とかして。」

夢の中で人を殺しただけなのに犯罪者になった気分です。

「わかった、片付けるからあんたも手伝って。」

娘と一緒に座敷のビーズを拾っていましたが数が多すぎて全然片づけが進みません。

「コロコロで片付けたら?」

娘が提案してきました、私は娘の提案にのり居間からコロコロを持ってきてもらいました。

コロコロを使うとあっという間に座敷に転がっているビーズが片付いていきます。

「これやったらすぐ片付くから向こうの部屋に行ってていいよ。」

「何で、私も手伝うよ。」

娘は不満そうです、私はそんな娘に本音を伝えました。

「もういい、あんたは都合のいい女よ。」

その言葉を聞き怒った娘は私につかみかかってきました。

娘を足払いで座敷の端にたたんでいる布団に投げ飛ばし私はコロコロをしました。

娘は布団から起き上がった瞬間私は再度足払いで布団に投げ飛ばしコロコロをします。

何度かそれを繰り返し、結局風船の片づけに貴重な休みの1時間をかけてしまいました。片付けが終わりましたが私の言葉に怒った娘はしばらく口をきいてくれませんでした。

Seriaさん、どうやらビーズの風船は片づけの時間と娘の仲をさいてしまう悪魔の風船のようです。

新記録

私はコールセンターに勤めており輪番勤務の為、土日平日関係なく休みがあります。

妻は普段土日が休みで、土曜日が仕事の時も多くあります。

そんな妻が先日、平日に有給休暇を取得し、たまたま私と休みが被りました。

娘は当然学校ですから娘が登校した後、朝食に近くのコメダ珈琲に行く事にしました。

子供抜きで一緒に出掛けたりする事は最近ほとんどしていません。

その日私は久しぶりに妻と2人で出かける事がとても楽しみで7時ごろに目が覚め、すぐ布団から飛び起き居間にいきました。

妻はいつも通り朝6時ごろに起きたらしく体育座りをして冷めて美味しくもないコーヒーをすすりながら撮りためていたTV番組を見ていました。

妻はしかめっ面で私を一瞥しTVに目線を戻しました。

「今日は素敵な一日になりそうだね。」

最高の笑顔と最高の声で妻に話しかけた所、妻はボソッと呟きました。

「気持ち悪い。」

まあこの程度の言葉に反応していたら私の妻の旦那としてはやっていけません。

私は気にせずクッションの上に座りスマホを触っていました。

それから娘を起こし、娘は朝食を食べ学校に行く準備をし7時30分過ぎに家を出ていきました。

私は出かける前に洗面所で顔を洗い鏡に映った自分の顔を見つめました。

「やっぱりカッコいいな。」

私は自分に自信を付けるために毎朝自分の容姿を褒める習慣があります。

「気持ち悪い。」

少し離れた場所から誰かの声が聞こえてきました。

私は気にせず外出用の服に着替え8時頃に妻と車で出かけました。

普段は娘と一緒に後部座席に座る妻ですがその日は私の隣に座りました。

妻が隣に乗った事に嬉しくなり心からの言葉を妻に伝えました。

「君が隣に乗るって何か新鮮だね、幸せって身近な所にあるんだね。」

「気持ち悪い。」

店に着くまでのドライブ中、外はとても晴れており青空が広がっていました。

「こんな何でもない日常を大事にしていきたいね。」

「気持ち悪い。」

コメダ珈琲に着き私と妻はモーニングサービスの手作りたまごペースト付きのトーストとアイスのミルクコーヒーを頼みました。

トーストがとても厚みがあったのですが柔らかくとても食べやすく私は2枚注文しました。

2枚目を頼む時にどこからか舌打ちが聞こえましたが気にせずに注文しました。

「朝からこんなに食が進むのは美味しいからっていうのもあると思うんだけど、楽しい時間を過ごせているからかもね。」

「気持ち悪い。」

朝起きてからコメダ珈琲で朝食を終えるまでの間に「気持ち悪い。」の言葉が合計10回聞こえてきました。

朝起きてから朝食を終えるまでに妻に「気持ち悪い。」と言われた回数のギネス記録は確か7回だったと思います。

企業努力のおかげでお得で美味しいコーヒーとモーニングを出して頂いたコメダ珈琲のレシートを見て「高い。」と呟き顔を歪め支払いをしていた妻を見つめ明日ギネスに申請してみようかなと思った出来事でした。

宿題

コロナの影響で娘の小学校は4月20日から5月20日まで休校になっていました。

ほぼ夏休みと同じくらいの期間です。妻も私も幸せな事にコロナで仕事がなくなる事がなかったため娘はほぼ学童保育で過ごしました。

休校中も当然学校から宿題が出されていたため学童保育でも宿題をする時間を設けてくれています。

妻から聞くところによると娘は宿題タイムの班長になったらしく宿題の時間に下級生に指示を出しているそうです。

学童には1年生から6年生までいますが4年生の娘がしっかりした役割を与えられ尚且つこなしている話を聞くと、さすが私の娘だなと嬉しくなりました。

そんな毎日を過ごしている娘の学校が5月21日にやっと再開できることが決まり、ひと安心していた5月19日の夜の出来事です。

娘と一緒にいつものようにお風呂に入った後、私は寝室の布団に寝転がり漫画を読んでいました。

最近かなり暑くなってきたので娘は寝巻のランニングに着替え私の横に座りました。

普段は寝る前は漫画を見たり、Switchでどうぶつの森をしたりしますが何もせず私をじっと見つめてきました。

「どうしたん、何かあったん?」

不思議に思い確認すると娘は一瞬ニヤリと笑い言いました。

「ぼ、ぼ、僕はしゅ、しゅ、宿題が半分しか終わってないんだな。」

衝撃、仰天、驚愕です。

「どうするん?」

「あ、あ、明日は、て、て、徹夜なんだな。パ、パ、パパに手伝ってもらうんだな。」

もう山下清をさせている場合ではありません。

「ちょっと待て、宿題する時間はいっぱいあったやろ?宿題タイムは何してたん?」

「ゴロゴロしたり、友達と話したり、先生の目を盗んで友達と一緒にトイレに行って話したり・・。」

宿題タイムの班長の活躍ぶりを聞いた私は次の日に仕事から帰った後宿題を手伝う事にしました。

徹夜の予定であった娘は20時後から宿題を開始し22時30分には机の上に突っ伏して眠ってしまいました。(宿題中に漫画を見始めたり、私に話しかけてきたり等の無駄な時間を省けば実質1時間)

何度揺り動かしても起きない娘を布団にそっと運びました。

宿題タイムの班長は明日起きる出来事を何も考えず豪快に大の字に寝ていました。

そんな娘を見ていると、さすが私の娘だなと思いちょっぴり寂しくもあり嬉しくもなった一日でした。

空と雲

私は外出するとまず初めに空を眺めます。今日の空の色、雲の形を確認します。

この癖がついたのは5年ほど前に娘と散歩した時に言われた一言に端を発しています。

当時の娘は5歳です、娘は歩きながら空を見て言いました。

「今日の空はいつもより青いね、雲の形は綿あめみたい。」

何気ない言葉ですが私の胸に響きました、響いた点は2点ありました。

1点目はいつからそうなったかわかりませんが、歩くときに空を見なくなっていた事です。

出勤する時や休みの日に外出する際も私は空を見ていませんでした、目には入っているのですが見ていませんでした。子供の時はたくさん空を見て思いを馳せていたはずです、これからはもっと空を見て自分の心を綺麗にしていこうと心に誓いました。

2点目は雲を見て他の物を想像しなくなっていた事です。

今は雲を見ると雲だとしか思いません、子供の頃は雲を見てたくさん色々な物を想像していたはずです。

大人になるにつれ柔軟な発想や物の見方ができなくなります、今の自分は家族や会社の仲間に対して画一的な見方になっていないだろうか?そうなっていたら人に対して失礼ではないだろうか?

私は散歩中に自問自答し続け、帰ってから妻に報告しました。

「娘がさっき雲の形は綿あめみたいって言ったんよ。その時俺は反省した。会社の仲間や部下をこういう人間だって決めつけて見ていた。これからは皆をもっと大きく受け止めていきたい。」

私が必死で悩んだ出した結論を聞いて妻が言いました。

「ちょっと何言ってるかわからんし、気持ち悪い。」

まあ妻の返事はこんなもんでしょう、こういった出来事があり5年前から空をよく見るようになりました。

最近も娘と散歩中に空を見上げると雲が一つもなく青く青く澄み渡っていました。

「今日の空はとても綺麗だね。」

娘はその言葉を聞き眉をひそめて言いました。

「引くわー、今カッコつけたやろ。」

これからはお金が落ちていないか地面を見ながら歩いていこうと思います。

一日の流れ

私が日勤の日は家を8時前に出ます、娘が学校の日は娘が7時30分頃に出るため私より先に家を出ます。

現在コロナの影響で学校が休みになっているため娘はいつも私を見送ってくれます。

私は家を出る前に娘を抱きしめ「行ってきます。」と告げます。

その後娘は私にこう言います。

「行ってこい、そして強くなって帰ってこい。」

娘は私が毎日武者修行の旅に行っているとでも思っているんでしょうか?

娘の言葉はさて置いて私は仕事に向かいます。

仕事が早く終わる日は18時30分には家に着きます。

家に帰ると妻は居間に体育座りでコーヒーを飲んでいます、お帰りの言葉もなくネットサーフィンをしています。

「家に帰ったら『お帰り』位ないん?昔はもっと愛情を持って接してくれたやろ。」

私の言葉を聞き瞬時に妻は言葉を返します。

「そっくりそのまま返すわ。」

最近の妻のお気に入りのフレーズです。

夫を敬わない妻を教育しようと思い私は最近本で見た名言を伝えました。

「いいか、お前が悪いと指さした手のうちの3本の指は自分を向いて・・・」

「そっくり、そのまま返すわ!」

このように毎日必ず一悶着おきます。

その後、家族で食事をし娘と風呂に入り娘と一緒に寝室に入ります。

娘からその日起きた出来事を聞きながら一緒に寝ます。

「今日ね、お母さんと買い物に行った時につまずいてこけたんよ。」

オチも何もない話ですが娘の話なので耳を傾けます。

「1日5回もこけたんよ。」

「何でそんなにこけるん?」

「私は前だけ見て歩いてるんよ、こけたらまた立ち上がればいいんよ。」

娘の名言風な意味ない話を聞きながら私は眠りにつきます。

最近の一日の流れは大体こんな感じです。

幸せな毎日です・・・と思いこむのに必死な毎日です。

ほっこり

私はコールセンターに勤めているため土日の仕事も多くあります。妻は主に日曜日が休みです。

その日の日曜日は日勤だったので早めに家路につく事ができました。18時頃に家についたため妻と娘をビックリさせようと思い鍵を音が鳴らないように静かに開けてこっそり家の中に入ろうとしました。

鍵をゆっくり回しましたが少しだけカチッと音が鳴りました。

少しだけ音がしてしまった為、ばれないように1分ほど時間をおきドアノブを静かに開け家の中をのぞきました。

すると何という事でしょう、そこには妻の顔がありました。

物音に気付き玄関口に無言で無表情で立っていました、玄関から顔をのぞかせた私から20cm程の至近距離に妻の顔です。

「うわー!」

私は逆に驚かされ叫び声を上げました。

「あんた、何に驚いとんよ?」

気持ちを落ち着け冷静に周囲を見渡すと妻は私から1m位離れていました。

妻は顔が大きいため距離を測り間違えてしました、妻の1mの距離は体感では20cmです。

妻とは結婚して10年たちますが、妻の顔の大きさにはいまだに慣れる事ができません。

「いやいや、何でもない。」

両方の意味で、でかい顔をするなと言いたかった言葉を飲み込みました。

私は気持ちを落ち着け荷物を置き居間に入りました。

それから家族で一緒に夕食を食べ娘と一緒にお風呂に入りました。

お風呂の中で娘は同級生の話をしてきました。

「私のクラスに漢字女王がいるんよ。凄いんよ、いっつも漢字テスト100点でわからん問題が出てたら泣いてたんよ。」

確かにそれは凄い事ですが私の娘も負けていません。

「いやいや、あんたの方が凄いよ。実家の風呂で『押すなよ、押すなよ。』をする小学生いる?」

実家に帰った時に実家の風呂が広いため娘は浴槽のはしに両手両足を使ってつかまりダチョウ倶楽部のモノマネをしていました、当然私は大爆笑です。

「漢字ができて頭が良くても周りを幸せにするか?笑いは周りを幸せにするんよ、だから素晴らしい。あんたはその能力を磨こうや。」

娘はその言葉を聞いて言いました。

「良い事いうな、パパを生んで良かったよ。」

「あんたの股から生まれた記憶はありませんよ。」

私のツッコミを聞いて娘はニッコリ笑っていいました。

「パパの子供で良かったよ。」

珍しくほっこりした一日でした。